コンテンツのネタに困ったときの対処法

コンテンツのネタに困ったときの対処法

市原です。

明日は所有している2歳馬の
デビュー戦で船橋競馬に行ってきます。

地方競馬ではデビュー前に能力試験
(模擬レース)があります。

そこではぶっちぎりの1位だったので
明日のデビュー戦も期待です!!

今年は2歳馬が2頭!

来年は7頭がデビューを控えているので
楽しみな年になりそうです!!

■記事のネタがなくなった・・・

そんな時の対処方法を紹介します。

最近はコンテンツマーケティングとか
コンテンツアフィリエイトと言って
外部対策よりも内部(コンテンツ)に
力を入れましょう!と言われています。

実際に私の会社でも以前よりは
内部対策に力を入れています。

ただ、
そのあたりのエセSEO師たちが言っている
コンテンツの質とはレベルが違いますが・・・

まぁ、
その話は今度にしておいて。。

コンテンツを追加していくと
必ず行き詰まるのが

ネタ切れ
~~~~~~~~

です。

1ページ2000文字くらいのコンテンツを
10ページも書くとこれ以上書くネタがない・・・

となります。

いや、
本当はそんなことないのに勝手にネタ切れだと
思い込んでいるんですね。

どういうことかと言うと

例えば釣り好きの人が2人で
釣りの話をしたとしましょう。

ちなみに1分間で話せる文字量は大体
250~300文字です。

この二人が釣りの会話をしていたとして
1時間話すと

60分×300文字=18000文字

まぁ
1時間なんてあっという間で2時間も
3時間も話しているでしょう。

はい。

そんな時に釣り好きの二人は

もう話すネタがない
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なんて思いますか??

思わないですよね。

よく話すことがあるなというくらい
話し続けます。

私のセミナーでの平均時間は2~3時間で
すがいつも時間が足りないと思うくらいです。

これがコンテンツになった瞬間に

書くネタがない
~~~~~~~~~~~~~~

となる訳です。

これって矛盾してますよね。

私が市原塾4期の無料動画で
話し言葉を文字にしましょうと言ったのを
覚えているでしょうか?

これも
同じような考え方から生まれた
ひとつの手法ですね。

考え方一つで無理と思ったことが
無理ではなくなることなんて幾らでも
あります。

そう考えてからコンテンツのネタを
再度、探しなおすと幾らでもありますよ。

ぜひ、参考にしてください!

————————————
■編集後記
————————————

毎日のように紹介している甲斐さんの動画
なんとY社から2年で一番成長している
会社として表彰もされたそうです。

ゼロから初めて2年で年商12億ですから・・
昨年は西日本1位を取得したので今年は
全国1位を狙っているとのこと!!

リスティングは今後も必要になるので
最低限の知識として勉強しておいてください。