キーワードボリュームと月間検索回数

キーワードボリュームと月間検索回数

新しく販売するルアーの実釣で
沖縄に行っていました。

沖縄は梅雨も明けて快晴。
というか真夏モード全開です。。

空港を出た瞬間に
『ここは日本か??』
と思うほどでした。

で、
気になる釣果というと・・・・

風が強く出船停止(泣

沖縄では梅雨明けに
夏至南風(カーチーベー)という
南西の強風が1週間続き、
それが終わると本格的な夏に突入するとのこと。

まさかのカーチーベー3日目(爆

仕方ないので海岸で腰まで海に浸かりながら
釣りをしていたら携帯をポケットに入れたままで
水没。。。

近々、
リベンジ行きます。

さてさて、
今日はキーワードボリュームについてです。

私の言うキーワードボリュームとは単純に
月間検索回数だけでなくその周りのキーワードも含んだ
マーケット(市場)の大きさを言います。

月間検索回数1000回だからキーワードボリューム
1000ではないので注意してください。

なぜ、その周りも含むかというとキーワードによっては

例 A
月間検索回数1000回
キーワードボリューム1200回

例 B
月間検索回数1000回
キーワードボリューム5000回

というような場合があります。

AとBは検索回数が同じなのになぜ、ボリュームが
違うのか?

例えば
千葉脱毛というキーワードならその下に
木更津脱毛、柏脱毛、船橋脱毛、幕張脱毛と
様々なキーワードが隠れています。

しかし、
木更津脱毛ではその下に隠れるキーワードは
ごく僅かになります。

まぁ、千葉脱毛と木更津脱毛では検索回数が違うので
すが木更津はAのパターンで千葉はBのパターンに
なります。

もう少しわかりやすく説明するとメインキーワードの
下にカテゴリーを作れるか?作れないか?

作れるのはBで作れないのはAになります。

千葉脱毛
 |―木更津
 |―船橋
 |―柏
 |―幕張

カテゴリーが作れるのでA

木更津脱毛
 |―×
 |―×

作れないのでAですね。

このように考えるとわかりやすいと思います。

Aは商品名や商標などが多くBは悩み系など
大きな意味を持つ言葉が多いです。

それならAよりBがいいかなと思うかもしれませんが
一概にAとBでどちらがアフィリに向いているかは
判断できません。

キーワードボリュームが少なくてもコンバージョンの
高いキーワードもあるので。

ただ、
これを知っていることにより売上予測や
月間アクセス数の予測には役に立ちます。

ちなみに私の会社ではロングを狙う場合はBで
1キーワードで稼ぐ場合にはAと使い分けています。

自分がどちらのタイプで行くのか?

その時の基準として参考にしてみてください。

—————————————-
■編集後記
—————————————-

新しく始めたビジネスが順調に進んでいます。
5月は10万くらいの売上でしたが6月が
100万超えました。

このペースで行くと7月は800万、8月は1200万くらいは
いきそうです!!

ちなみに利益率は40%くらいあります(笑

どうしても知りたい方は500万で教えます(爆